高知の美容室、これから生き残るにはどうする?

高知のビジネス

こんにちはMizuhaです。

今日のテーマは、
”高知の美容室、これから
生き残るにはどうする?”

というお話をお伝えします。

私は今、高知の美容室の
ビジネスコンサルを担当していますが
今年1月からインスタグラムの運用を始め
インスタグラムからの集客”という
新しい切り口を作ることが出来ました。


美容室ってどうしても、
「直接お客様の髪に関わるしか
収入を得る方法はない。」

と思いがちですが実際は
全くそんなことはありません。


もちろん本業は、
髪の毛を切ることだったり
髪のお手入れに関することでしょうが
今は”オンライン”という手段があります。

「オンラインで何を教えるの?」
「お客様はオンラインではこない。」
と思いますか?

そうではなく、あなたが思う
”お客様”という視点を変えるのです。
今の時代、美容室にとってのお客様は
”髪を切りたい人”だけではありません。

美容師という”同業者”が
あなたのお客様になるのです。



例えば、、、

美容室ってお店によって
それぞれもっている特徴や強みが
違いますよね?

あなたは同じ高知の美容室に
自分しか知らない強みを教えたく
ないかもしれません。

でも、北海道の美容室なら?
ライバルに到底ならないと感じる
”他県”の美容室に教えるなら?


もし、
「あなたの美容室で行っている
方法を私のお店でも教えたいです!
オンラインで教えてくれませんか?」
と言われたら?

”オンラインメニューをもつ”
これって今後は大きな切り口になります。

「他店のやり方なんて、
知りたい人なんかいない」
と思いますか?

ではお客様像を
「これから美容師として
独立を考えている人、かつ
カラーに特化したい人」

と変更したらどうしょう?


もしもあなたのお店が
”ヘアカラーに特化している”
なら”初心者美容師”にとっては
”お金を払っても知りたい情報”
かもしれませんね。

実はこういった”自分の強み”は
一人で見つけることは出来ません。

ましてや日々の業務に追われて
経営の方針を考えることは
簡単ではないのです。

たくさんの美容室を見ていて、
「本当にもったいないなぁ」
といつも感じます。

インスタに載っているものは、
・自分がカットしたお客様
・得意のヘアスタイル
など”どれも一緒”の投稿ばかり。

お客様に見つけてもらうには
ヘアスタイルはむしろ
載せなくて良いのです!!!


私がコンサルをしている
こちらの美容室】さんの
インスタをのぞいてみて下さい。
何かヒントが見つかるはずです。

高知の美容室向けのコンサルは、
最初の相談は無料ですので、
お気軽にお問い合わせ下さい^^

美容室コンサル詳細については
こちら】よりご覧下さい。

SerunoSeruno

Seruno

“いくつになっても挑戦できる世の中をつくる”をビジョンに、働き方、生き方を変えるコンテンツをプロデュース。20代で起業した元銀行員夫婦の活動は、高知にいながら現在、全国規模に広がっている。Serunoという会社名には“一つになって進んでいく”“たった一人の自分になる”というメッセージが込められており、【誰もが自分らしく生きてほしい】という思いを込めている。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

SerunoSeruno

Seruno

“いくつになっても挑戦できる世の中をつくる”をビジョンに、働き方、生き方を変えるコンテンツをプロデュース。20代で起業した元銀行員夫婦の活動は、高知にいながら現在、全国規模に広がっている。Serunoという会社名には“一つになって進んでいく”“たった一人の自分になる”というメッセージが込められており、【誰もが自分らしく生きてほしい】という思いを込めている。

TOP