「今月ピンチ!」ではもう遅い。起業は”事前準備”する時代です。

高知のビジネス

こんにちはMizuhaです。

最近色んな人からビジネスの
相談を受けるんですが、、、

その中で私がよく感じるのが、
「ピンチになってから相談
されても間に合わない。」

ということ。

私は”ビジネスを学ぶこと”って
ある意味”生命保険”と似ている
と考えていて、

”けがをしてから保険に入ろう”
としたら希望の保証内容は受けられなくて、
前もって入るものですよね。

起業も同じで、
「よし!今月会社を辞めて
ピンチだからビジネスを学ぼう!」

と”お金が必要な時”から学び初めても
自分が欲しいタイミングで稼ぐことは
難しいのです。


なので、
「ビジネスについて教えてほしい!」
と急いで私に相談してきても
”今お金が欲しくて困っているなら”

起業より、
雇用される働き方が向いています。

急にどうにかするのは難しい。

どこかに雇ってもらえたら、
確実に”働いた時間分のお金”
を得ることが出来ますよね。



ただ、あなたが今の環境を
離れた理由はきっと
「雇用されない働き方」
に魅了されたからだと思います。


会社員と自営業って、
考え方も何もまるっきり違います。

会社でいくら営業成績が良くても
”起業というビジネス”を学ばないと
起動にのることは少ない。

だからこそ、事前に
”起業するとしたら何が必要?”
”ビジネスって何が必要なの?”

と情報収集しておくこと。


くれぐれもせっぱ詰まってから
「ビジネスを教えてほしい!」
なんて言わないで下さいね。笑

”お金に困っていない時から”
起業は準備するのがベストです。



さて、
レムリオ1DAY無料セミナー
開催がいよいよ日曜に迫りました!♡

明日土曜日の23:59まで
募集を受け付けています。
気になる方はお早めに。

レムリオ1DAYセミナー


SerunoSeruno

Seruno

“いくつになっても挑戦できる世の中をつくる”をビジョンに、働き方、生き方を変えるコンテンツをプロデュース。20代で起業した元銀行員夫婦の活動は、高知にいながら現在、全国規模に広がっている。Serunoという会社名には“一つになって進んでいく”“たった一人の自分になる”というメッセージが込められており、【誰もが自分らしく生きてほしい】という思いを込めている。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

SerunoSeruno

Seruno

“いくつになっても挑戦できる世の中をつくる”をビジョンに、働き方、生き方を変えるコンテンツをプロデュース。20代で起業した元銀行員夫婦の活動は、高知にいながら現在、全国規模に広がっている。Serunoという会社名には“一つになって進んでいく”“たった一人の自分になる”というメッセージが込められており、【誰もが自分らしく生きてほしい】という思いを込めている。

TOP